読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画

ソナチネ - 北野武(1993)

『ソナチネ』は、物語よりも、思想が際立った印象の映画だった。まるで暴力の本質を曝け出すようなバイオレンスシーンには、思わず呼吸も忘れて見入ってしまったが、それさえも、監督の思想に基いていると感じた。映画の序盤で、村川は一人の男を溺死させる…